<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末といえば大掃除。
一気にやろうとしても出来ませんからね。ちょっとずつ片付けているのです。
どんだけ時間かけるんだよって話ですが、やれる時に整理整頓しないとね。

そんな中、本の扱いが問題でした。
ソフトケースだと荷崩れ起こすので、ハードケースな感じの本いれを探していたんですよ。
そしてたどり着いたのが、これだ。

d0130327_13123530.jpg


米びつにすっぽり収まった文庫本。なんかシュールである。

そんな訳で無事本の収納場所も決まりましたとさ、という話であった。
[PR]
日常と非日常の境界線が崩れてきているなとは感じている。
それが私にとっていいことなのか、悪いことなのかはわからない。
 
ただ、今の私は酔っている。疲れはてたまま、授業を終えて飲み会二次会まで完了したからだ。
 
理性は失ってない。だが、酔っている。自覚はある。15分かけて家に帰る間に酔いも覚めるだろう。
 
私にとって、酔いはあまり良くはない。気分はいい、だが余計な事を喋る。
 
まったく困ったものだ。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-09 22:38
この旅は、一筋縄ではいかない!
そんな旅でした。

<11/8/10:20くらい>
駅前噴水で、無数に通りすぎる小学生や中学生の修学旅行の群れを見送る。
吹雪さんと合流。制服でもスカートでも無かったので逮捕フラグがへし折れひと安心。
 
<11/8/10:30くらい>
市電で一路、宮島へ。
割と新しいらしい市電は一風変わった内装デザイン。 
<11/8/11:40くらい>
終点まで進み、フェリーで宮島へ。帰りに比べて割と人が少なかった。
 
<11/8/12:00くらい>
宮島着。鹿を眺めつつ、紅葉饅頭とお土産求めて商店街へ。
 
<11/8/12:25くらい>
吹雪さんイチオシの「揚げもみじ饅頭」の店へ。確かに旨い!紅葉饅頭に串刺して揚げただけっぽいのにあの旨さ、流石吹雪さんオススメの品である。
 
<11/8/13:00くらい>
鹿と戯れ、厳島神社付近へ。干潮だったので水が引いた浜辺へ。海藻や小さな蟹、貝の打ち上げられた海水混じりの砂浜を歩く。

その後、厳島神社へ。巫女や神主が歩いていました。シニアなツアーご一行様、結婚式な一行等、色んな集団がいました。

<11/8/14:10くらい>
喫茶店でまったり。
ツアー客の群れをやり過ごし、紅葉饅頭を買い漁る。
<11/8/15:00くらい>
船で広島へ。眠気マックス。

<11/8/17:00くらい>
ロッテリアでまったりし、新幹線で帰路を。

<11/8/19:00くらい>
旅は終わらない。新幹線経路に人が侵入したので新幹線停車。一時間後に再開。 
<11/8/21:30くらい>
帰宅。旅は終わったのである。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-09 00:51
ふぶにゃんマジふぶにゃんというわけで今日は吹雪さんと広島観光に見せかけた食い倒れと見せかけた色々ゲーセンとかツアーでした 
<11/7/9:30くらい>
吹雪さんと合流。緑の帽子は効果てきめんであった。流石、永遠の弟カラーだ。
<11/7/10:00くらい>
まずは市電で最寄り駅へ移動し、そこから徒歩で広島城へ。しかしこの穂葉、まるでルートを把握していなかった← 
地元民パワーで吹雪さんにガイドしてもらって城へ。 
<11/7/10:30くらい>
見た目より縦に長い広島城天守閣を登ったら、よい眺め。ビル多いけれども。天気は快晴。
 
<11/7/11:00くらい>
何故か大阪城と何度も言い間違えた広島城を後に、広島の地下街へ。地上を歩かずに行ける広大な地下はなかなか便利そう。
 
<11/7/11:20くらい>
地下街をしばらく歩き、地上へ。そして、なんとなくゲーセンへ。顔文字キーホルダー欲しさに1000円費やし掠りもせず。

その後、お好み焼き屋だらけの地帯を目指す。
昼御飯食べつつその後の予定を決める算段だった。

<11/7/12:00くらい>
お好み焼き村とやらの二階のオバチャンの勢いに負けて、そこでお好み焼きを食べることに。
 
心の壁を素手でぶち破りそうな、勢いの良いオバチャン苦手な二人であった。
諦めた私は話を合わせたが、オバチャン勢いの割に声が小さくて聞き取りづらかったのであんまり噛み合ってなかったきもする。
 
油を使わないヘルシーお好み焼きは確かに美味しかった。そしてお好み焼き完成後オバチャンはテレビ見ていたので、何とか今後の予定も決められた。
 
<11/7/12:40くらい>
一路、平和記念公園へ。
その道のり付近にはとらのあなやらアニメイトがあるらしい。平和のために必要なのだろうか。
平和記念公園は小中学生で溢れていた。ロリショタにあんまり興味ない私には、引率の先生の疲れきった顔がとても印象的だった。
 
<11/7/13:40くらい>
ゲーセンリベンジ。偶然だったが顔文字のを入手。
なんとも言えない顔であったが。
その後、ディーバやユビートのある(?)階層へ。
音ゲー大人気!
シューティング不人気!
な印象であった。
リズム感の無い私には難易度が高い世界だった。 
 
<11/7/14:00くらい>
時間が余ったのでシダックスへ。妙に押しの強い店員。ドリンクなど高いから要らぬわ!

<11/7/17:00くらい>
現地解散。予定より移動が少なくなるはずがむしろ平和記念公園に行ったために増えているという。

以上、ダイジェストふぶにゃん編でした。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-07 22:06
<11/6/19:00くらい>
私が牡蠣について知っていることは少ない。
よって、初日は牡蠣について知ることにした。
 
どのようにして知るか。
容易いこと。食せばよい。というわけで、色んな牡蠣料理が含まれたメニューを選択。
 
場所は拠点たるビジネスホテルから程近い広島ASSEの六階、「かなわ」
どっちも駅の隣接施設であるので近くて良い。
 
選んだ最大の理由は、和風。どうも和食を食べたがる傾向はどこへ行っても変わらない。
 
和食の不人気さはむしろ私にとって歓迎すべき事だ。順番待ちしなくていいってのは喜ばしい事だ。そうでしょう?カウンター席で独りじっくり食べる。
 
<11/6/20:20>
一通り食べ終えたが、やはり本場の牡蠣はサイズが違う。牡蠣ご飯に入っている縮みきったそれと生牡蠣のそれはサイズが10倍くらい違う気がする。
 
そして、未だに店にいる。追加注文の焼き牡蠣は時間がかかるのだ。遠慮なく長居できるのは素晴らしい。 
かけた経費の事が頭をよぎるが、日本酒がそんな思考を溶かす。考え事をしていると知らずに酒を口にしている自分がちょっと怖い。 
亀齢なまちょ、度数15%な辛口の広島の酒だ。飲みやすい。
店員への受け答えはいつも通りだが、普段以上に考えたことをダイレクトに記述している。現状、ほろ酔い加減という事だ。まだまだ足がふらつく事はない。
 
さて、20分かけて焼き牡蠣が来た。これを食べたら街を散策だ。夜はまだまだ、これからである。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-06 20:36
<11/6/17:40>
広島市の街並みが見えてきた。日もとっぷりと暮れた。秋の夜は長い。

夕飯は何を食べようか。そんなことを考えていたら、もう広島駅は間近だった。 
大通りに車が溢れている。日曜日だということを意識させられる光景だ。

<11/6/17:55>
広島駅到達。かの広島の地に降り立つのは修学旅行以来、2度目である。
まずは、予約したビジネスホテルに向かうとしよう
[PR]
by hoba-e | 2011-11-06 17:55
<11/6/13:00>
大阪でバスを乗り換えた。 
次のバスは最前列窓側席。窓が大きいので景色もよくみえる。車体がピンク、置き傘もピンク、シートもピンクでピンク尽くし。
運営会社のテーマカラーがピンクだからか。
天気は曇り。

<11/6/14:00>
兵庫の三木PAに到着。
スタバとロッテリアがある、だと?
かなり最近に建造されたように見える綺麗なトイレといい、土地の広さといい、なかなかに充実したパーキングエリアだった。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-06 14:09
<11/6/9:00>
高速バスにて移動中。
伊賀paにてトイレ休憩。
霧雨って感じな山にかかる低空の雲。
バスの窓もスモーク状態。シートベルトの存在感がない。まぁこういうものか。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-06 08:56
<11/6/6:00>
天気は生憎のにわか雨。空はまだ暗い。
湿気た空気の中、人気の無いホームで1人。
時折聞こえる、虫の鳴き声とエスカレータの警告音が賑やかし。
[PR]
by hoba-e | 2011-11-06 06:08