カテゴリ:リメンニュース( 6 )


藍流さんがチャット会を企画された模様です。

チャット会の際に告知するのはもはや恒例。
まぁ、効果のほどは最近の私の更新率を考えれば微々たるものでしょうが…(苦笑)

詳しくは毎度おなじみ、「雪の降る、晴天の花園」にて。

明日、水曜日ですね。

そんな感じで告知完了ー。
[PR]

タイトルに意味はありません。25角なのに3角ってどーいうことだよ!?


はいここで本題。

タイトルはこっちにすべきでしたね、うん。

リメンニュース。本日は「牛乳を飲みすぎると白内障になっちゃうらしいですよ」という話。



成長期に、「牛乳を飲むと背が伸びる」と言われて、
そりゃあもう湯水の如く牛乳を飲んだりする人もいます。

ところが、知ってる人もいるでしょうが、牛乳は飲みすぎると、体調を壊します。
普通なら一度にせいぜい1.5ℓが限界ですかね。

これにはちゃんとした原因があって、「日本人には牛乳を分解する酵素が体内にないから」らしいのです。

分解できないので、溜まって悪影響を及ぼしてしまうわけです。

ちなみに、白人は酵素があるから問題ないとか。

どうやら傾向としては日本…というか、アジアの人は赤ん坊から成長するに従って酵素がなくなるらしいです。なぜか。

で、一番の問題は、分解されずに堆積したものはどーなるのさ?という話で。

つまり、それが白内障につながっていくわけです。

ただ、誤解されないように注釈しておくと、牛乳飲んだ=白内障になるというものでもなく、なる可能性があるというだけのことのようで、さほど大騒ぎするほどのものではないようです。

大量に牛乳を摂取しているインドの方の中には白内障が多いというデータもあるようです。


背が伸びるぜ!カルシウムとるぜ!とばかりに牛乳飲みまくって、例え背が伸びても、その頃は腹壊して、しかも老後に白内障の原因になったりしたら目も当てられません。

まあようは、何事も取りすぎはよくないということですね。

というわけで、成長期の方、あるいはお子さんが成長期に差し掛かった際に「牛乳飲まないから背が伸びない」なんていうのも結構ですが、どこに嘘が罠があるかわかったもんじゃあございません。よく調べたほうがいいかもしれませんよ、という話でした。



今回は、「一般にはあまり知られていない農業関係者の常識」のコーナーでした。
(P.S:農業関係者は牛乳=白内障の原因のイメージを払拭したがっているようです。消費者に過剰反応されて売れなくなったら困りますからね)
[PR]
えー私はタバコ吸いません。

親父がプカプカ吸ってると煙くてたまらず逃げます穂葉です。

バイト先の男性の七割が吸ってますね、煙草。

ついでに言えばそのバイト先の煙草吸う人すべてがパチンコやる習慣あるみたい。

…何故に?


まあそれはともかく本題。本日のテーマはこちら。

「煙草の自販機に成人認識が導入されるって、どういうこと?」

…週刊こどもニュースか!?と言わんばかりのテーマですが、まあ気にはなったのでコンビニでパンフレットを貰ってきました。それによると…

●未成年者喫煙防止対策の一環として2008年よりtaspo(タスポ)対応の自販機が導入される。

●利用にあたっては成人のみに発行されるICカード、タスポが必要になる。

●具体的には現金投入→商品選択→「タスポ」カードをタッチ→購入という流れ。

●タスポは現金を使わないで購入する方法もある(いわゆる電子マネー)

●タスポを入手するためには申請書に必要事項を記入し郵送、その後二週間を目安に配達記録郵便にて到着。


――――とまあこんなところです。

導入スタートが宮崎・鹿児島で3月から。その後順次、5月には関東関西以外、その後関西、関東、沖縄…と全域で導入されていくようです。

半年後には成人認識の自販機ばかりになっている…のかな?

とはいえ、頑張って探せば運が良ければ未だに100円自販機が見つかることがあるように、お酒を売ってる自販機があるように、ひょっこり旧型自販機が残っていることがあるやもしれません。


これが成人認識導入について、でした。

以上、ニュースを終わります。また次回。
[PR]
エキブロの新機能…それを使えといわんばかりにスパム発見。

ぬう…。

とりあえず、これが対策になるのかな?なるといいけどな。

…というわけでエキサイトブログにコメントに関する新機能が追加されています。

以上、ニュース遅報(速報ではない)でした~。
[PR]
ふと確認して見ると、先日の訪問者数36。

あれ?私ここ最近、いつもと変わった事はしていないはずですが、ここにきてなぜに倍増?

謎だ…。

原因といえば、これくらいか。

d0130327_2335175.jpgd0130327_2335176.jpg
















え~、上の二つは、大学の、情報の講義で「パワーポイント使って自己紹介でも何でもいいから作りやがれ!」的な課題用に撮影したものです。昨日の授業で活用しようと、6月の記事として一昨日乗っけておいたのですが…そのせいだろうか?



…まあ、ともかく、写真の紹介。たまには鳥について、書いてみます。

左の写真は、木製の鳥籠と、付属の止まり木です。
素人カメラマン穂葉の撮影角度が悪くてサイズがわかりにくいですね。対比物も置いてないですし。
籠のサイズ、目安としてはまあ大体、靴箱二つ分くらいのサイズでしょうか。
止まり木は、ちょうど手元にあったゼブラの油性ペンがそれっぽいサイズだったので、そのくらいです(かなり適当)

ちなみにこの鳥籠、雀(スズメ)サイズの小鳥しか、入りません。
というか、雀だとしても、飼おうとするならこのサイズはあまりお勧めできません。
確か、外国産の鑑賞用の鳥がこういうケージに入って売られていたような気がします。
まあ、お勧め用途としては、一時的に入れておくキャリーケースのような使い方でしょうか。


次に、右の写真はエサ以外の、準必要品といったところです。
左から順に、
<粟穂>(小さな文字で写真中に書いてある通り、十姉妹・文鳥・セキセイインコなどなどさまざまな小鳥に与える事ができるエサの一種です。ケージに括りつけておけば勝手に食べます)

<カルシウム・ボレー粉>(貝殻やらなんやらを砕いたもの…だったと思います。写真の商品は他に蜂蜜やらクロレラやら入っているみたいです)

<陶器の容器>(これは水浴び用の容器です。雀に近い鳥たちは、水浴びを好むのでこのような容器に水を入れておくと、勝手に水浴びします。ただし、ケージが水浸しになるので対策は必要ですが。ちなみにその対策を施されたプラスチック製の容器もあります)


…まあ、写真についての説明はこんな感じです。

そういえば、鳥を飼っている人が少ないのはわかりましたが、魚を、熱帯魚を飼っている家庭って、意外と少ないんでしょうか?
ちなみに我が家の水槽には常に何かがいます(親父の趣味です)
今は…エンゼルフィッシュだったかな。機会があれば写真載せることもあるやもしれません。

以上、リメンニュース・ローカル・ド素人写真投稿バージョン、でした。
また次回~(あるかな?)
[PR]
ニュースによると今夜はふたご座流星群がピークを迎えるそうな。

14日23:30~15日04:00頃までの間に、夜空を見上げると流れ星が見れる…のかな?(ほんとか?)

今年は最高条件とやららしく、来年は逆に最悪条件らしい。
次にまともに観測できるのは2010年だとか。

そんでもって一時間に80個流れるという予測が。

でも、しし座流星群みたいに派手ではないらしい(まあどちらにしても見たことが無いのですが)


そうそう、時間限定で見たい方は15日01時45分頃が確率的にはお勧めだとか(…ほんとかいな?)

以上、リメンニュース速報でした。

ちなみに穂葉は、忘れていなければ見ようとするでしょう。

観れるかどうかはともかく(探し物を見つけ出せない才能アリ)

それではまた次回~。
[PR]