カテゴリ:果てなき旅路・備忘録( 14 )


自分にできること。できないこと。自分にしかできないこと。その見極めが肝心だ。

自分にできること。自分にしかできないこと。。。。

私には何が出来るのだろうか。

私は何をするのだろうか。

もうすぐその答えがひとつ。

出ることになる。

そんな今、私に出来ることは…何があるだろうか。

何があるだろうか。
[PR]
d0130327_22554198.jpg


例によって講義の合間に大学周辺を散策。

小雨の降る中、大学周辺の道端で見つけたデカイ毬栗(中身無し)です。

中身の入ってるっぽいデカイのを一個見かけたんですけど、私有地の中にあったので接近を断念しました。

どんぐりやセイヨウタンポポも見かけました。

撮影はしていませんが。

それにしても、探せば色々、咲いてるものですね~。
[PR]

d0130327_23363312.jpg


講義の合間に散策をしていて、道端で発見しました。なんとなく撮ってみました。

何の花かは知らないんですけどね~。


それにしても、普段はともかく、雨が降っていると静かでしたねえ。

通行人は少ないし。車も意外に通らない。

静かすぎて、ある種不気味でもある、昼中の住宅地。

でも雨中の散策、割合楽しめた気がします。

ただしズボンの裾が濡れるのが欠点ですが(苦笑)
[PR]
地元で全国ニュースになるような異常な事件が起きています。
そう、地元で。

愛知?
刈谷?
豊田?
岡崎?


…すべて私の行動範囲内ですよ。生活圏。その気になれば自転車でいける範囲。ほんとに。

それにしても、陰惨な事件です。なんかいろいろおかしいですよ世の中。

つまり、下手すりゃそんなヤバイ犯人がどこか近くにいたりするわけです。

…本当に、世の中、おかしいです。イカレてる。
[PR]
今週になって大々的に報道されるようになりましたね、食料問題。

しかしそれは昨日今日に起きた問題ではありません。

ちなみに私は経済学でちょうどその内容の講義を取っている関係上、先週の金曜日にそれを知りました。
情報ソースは教授であり、教授の読んでいた農業新聞です。

その時知ったのはそれだけではなく、その時点においてヨーロッパでは食料問題が大々的に取り上げられている、ということも知りました。


その時思ったことは、いかに自分が、新聞やニュースの報道がその日に起きている全てだと無意識に錯覚していたか、ということです。

言い換えれば、その日自分が知ることのできる情報がその日の世界の出来事の粗筋だと
思ってたりしちゃうわけです。

…まあ私はそこまで傲慢ではありません。ありたくはないと思ってます(苦笑)


昨今言われるような情報化社会云々はともかく、情報を取捨選択し広い視野で物事を見据えるのは今も昔も変わらず必要な能力なのだと思いました。

…うん?なんだか妙な文になりましたが…まあ今日はこの辺で。
[PR]
気付けば、値上げの嵐です。

不況は改善されつつあると言いながら、ふと見てみると、物価が上がっている今日この頃。

悪循環というやつでしょうか。

バイオエタノールの導入…石油の値上がり…穀物物価上昇…

二年前、バイオエタノールが本格的に導入される前の頃、私は大学受験で使うためにバイオエタノールについて調べていたわけですが…

正直、これほど早く導入されるとは、思ってもみませんでした。

というより、考えたことが無かったですね。


元々実用レベルにあったバイオエタノールですが、もう少し石油に頼っていくものだと思っていたわけですよ。

それが自然災害等で環境問題の認知度が高まるやいなや、アメリカ主導でバイオエタノールの導入の道が一気に切り開かれて…

現在に至る、という訳ですかね。


技術としては存在していたのに、今までバイオエタノール導入に踏み切らなかったのは、こういう事態(穀物の不足・物価上昇)を見越してのことだったのでしょうか。

しかしバイオエタノールもその場しのぎにすぎません。

いままで何もしてこなかったのが、今更多少の対策を講じても、長期的に見れば焼け石に水であるのは明らか。


人類は後手後手に回りながら、環境問題の解決策を探していくわけですが…

これは、人類の永遠の命題なのかもしれませんね。

共にそこに在るということは、互いに影響を与えあうということ。

ふと顧みれば、きっかけさえあれば人は環境は大きく変わる。

明日は我が身?

明日への希望と不安を抱えて、人類はどこへいくのでしょうかね……。
[PR]
まあやんだからいいですけど。今回は雪でしたけど。

それにしても…バイトの日は大概晴れるのに!

そんな穂葉です。まあ、いいですけどね。

おかげで通勤(バイトは通勤とは言わない?)は楽ですし。


そういえばそろそろ20日。毎度お馴染み、富士見の小説が発売…(以下略)

資金の準備はよろしいかな?

私は…うん、大丈夫でした。浪費しなけりゃ大丈夫そう。

ところで何が出るんだっけ?

確認して見ると興味のもてそうなのは…

『フルメタル・パニック! せまるニック・オブ・タイム』
『 黄昏色の詠使いⅤ 全ての歌を夢見る子供たち』
『BLACK BLOOD BROTHERS(S)5 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集―』

…くらいか。黄昏はともかく、他は買うかどうかは…残金次第。

他には、興味のある奴ないなあ・・・

と思ったら、

『EME RED END W-JACK』

ぬ、EME。伝勇伝と同じ、ドラマガの企画の短編から始まったシリーズか。
でも私EMEは読んでないしなあ。
てか近隣の本屋のどこにもにないから、てっきりシリーズ完結したものだとばっかり思っていたり。


まあそんな感じですかね。今月は伝勇伝も七人の武器屋もないから低出費で抑えれそうだ。

今日はここまで。
[PR]
スキンのカラーはもとより、ブログのあちこちを変更しました。

いつまでも御御籤じゃあ、ありがたみもないし。


人生、そうおめでたい事ばかりでもないです。

そうそう思い通りになんて、いかないものです。


もし行き詰って、どうするべきか迷ったら、先の事を考えるといいみたいですね。

そうすると、少し気が晴れるのです。

不貞寝するなり気分転換するなりして、とにかく気分を上向きに持って行くことが大事なんです。

経験則ですがね(苦笑)


どうも、文が支離滅裂でスイマセン。

今日はこの辺で店じまい。

穂葉でした。
[PR]

今年もそろそろ、受験シーズンが近づいてきましたね。

そういえば、高校の時に先生が進路の話をする際に何度かおっしゃっていたセリフがあります。

「地方の大学行っても、理系なら大学院進学の際に地元に戻ってこれる。だから心配する必要は無い」…等々。

で、あれから一年。
どうやら世間一般では、大学進学・大学院進学が当たり前の時代になり、資格は持っていても働き口がなく、することのない研究者が余っているという、そんな事態だそうですが…

…どうやら地元の大学院に戻るのは、難しそうですよ?

まあ、私は地元にいますけど。その選択が良かったかどうかは…今後次第。

それにしても、教師の言う事を信じすぎるのも、考えものです。

先読みしにくい時代だというのも確かです。

最終的に進路を決めるのは自分自身。

いまや大学に行くこと自体は大したステータスにならない時代のようです。

高校生の方々は、先をよーく見て、進路を選ぶといいですよー。
[PR]
高騰する原油価格。高騰する穀物価格。

この事態は冬の家計を地味に直撃している……。


さて、冬に使う暖房器具で灯油やら石油使うといったらすぐに浮かぶのはヒーターやらホットカーペット。

…私もこれらは知っていましたが、まさかお湯を沸かす装置も灯油を燃料にしている場合があるとはしりませんでしたよ。

うん、我が家の風呂設備は…古いから、お湯を沸かして温度をコントロールする装置なんて多分ついてないですから…

どうやら聞いた話によると、数年くらい前にお湯沸かしには電気より灯油のが安いともてはやされていたそうですね。

で、現在。

灯油が高くついています。


…何が徳になり、損になるかの見極めは難しいですね。
[PR]